藤井聡太の将棋研究用パソコンの性能(スペック)と値段は?

藤井聡太

パソコンの性能(スペック)は大事!

藤井聡太プロは中学生時代から将棋ソフトを研究に使っていました。

藤井聡太プロの活躍に欠かせない存在の将棋ソフトですが

そのソフトを動かすパソコンの性能(スペック)も大事です。

 

今回は藤井聡太プロが使っているパソコンの性能(スペック)と

その値段についてご紹介します。

藤井聡太プロの将棋研究用パソコンの性能(スペック)は?

藤井聡太プロが使っている将棋研究用パソコンのスペック(性能)は一般家庭用パソコンの約10倍の性能があります。

藤井プロが使っているパソコンのCPUは「ライゼン・スレッドリッパー3990X」。

このライゼン・スレッドリッパー3990Xと一般的なパソコンの性能比較を表にしてみました。

性能比較表を見てもらえれば一目瞭然です。

一般的なパソコンより超高性能なパソコンを使って藤井プロは日々研究を続けているのです。

研究もサクサクできます。

藤井聡太プロの将棋研究用パソコンの値段は?

藤井聡太プロの将棋研究用パソコンの値段は約60万円です。

ちなみに藤井聡太プロのパソコンが約60万円もするのはCPU(中央演算処理装置)が特別に高いから。

このCPUの値段だけで50万円もするんです!

 

CPUは前述した「ライゼン・スレッドリッパー3990X」というもの。

2020年2月現在で販売されているCPUの中で最高クラスの性能です。

 

なので藤井聡太プロが将棋研究に使っているパソコンは

普通のパソコン+超高性能CPU

という藤井聡太オリジナルパソコンになっています。

 

パソコンを自作するのも楽しい。

藤井聡太プロは昔、どんなパソコンを使っていたの?

藤井聡太プロは中学生時代には実家のパソコンで将棋研究を行っていました。

現在の最強PCと違って実家のパソコン性能は普通‥。

今の藤井聡太プロが使っているパソコンの約10分の1程度の性能しかありませんでしたので研究効率も悪かったことでしょう。

ちなみに中学時代、実家のパソコンの将棋ソフトと藤井聡太プロの勝率は

将棋ソフト‥60%

藤井聡太プロ‥40%

くらいでした。

以前、インタビューで藤井プロは‥

勝ち越すまでは行かないです。ぼくのしょぼいパソコンだとそのくらい‥。

ただめちゃくちゃ負けるということではないです。

とコメントしていることから予想すると「ソフト6:藤井4

くらいの勝率だったと考えられます。

 

藤井聡太プロとライゼン・スレッドリッパー3990Xが対局すると勝率はどうなる?

藤井聡太プロと最新CPUであるライゼン・スレッドリッパー3990Xが対局すると勝率は‥

ライゼン・スレッドリッパー3990X‥‥‥約90%前後

藤井聡太プロ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥約10%前後

くらいだと個人的に予想します。

現在の藤井プロが四段になったばかりの藤井プロに勝つ確率は約70%くらいですが‥

数年前の一般的パソコンに比べると藤井聡太オリジナルパソコンの性能は約10倍UPしています。

これらを考えると藤井聡太最強オリジナルパソコンに本人が勝てるのは10回のうち1回あるかどうか

つまり藤井プロ本人の勝率は10%前後になるのではないでしょうか。

 

人間の能力とコンピュータの性能は桁が違います。

今からは人間と将棋ソフトが戦うという時代ではないかも。

 

将棋ソフトは藤井聡太プロにとって相棒?

しかし将棋ソフトは藤井聡太プロにとってライバルではありません。

将棋研究をする上で無くてなならない相棒と呼べる存在です。

将棋ソフトに対して藤井聡太プロは以下のようにコメントしています。

強くなるためのツールとして以前になかった画期的なもの

藤井プロは将棋ソフトをツール(道具)と呼んでいますが

毎日研究を共にしているとソフトが相棒のように思えてくるのではないでしょうか。

実際、筆者もずっと将棋研究をしているとソフトが相棒や先生のように思えてきます。

 

まとめ

今回は藤井聡太プロの将棋研究用パソコンの性能(スペック)と値段についてご紹介しました。

藤井聡太プロオリジナルパソコンの性能‥‥普通のパソコンの10倍

藤井聡太プロオリジナルパソコンの値段‥‥約60万円(CPUのみで約50万円)

ということでした。

今後も最新パソコンが出るたびに買い替えていくと予想されますので

藤井プロのパソコンが変わるたびにご紹介していきたいと思います。

ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました